2014-03-27

みかん編んだ

satsuma
編み物の気分転換に別の編み物をする。
「 Knitted Fruit 」という本を買ったので、その中から Orange を編む。
靴下用に買った糸で、ちょうどいい色のがあるし。

本に載ってる写真からてっきり輪編みしてるのかと思ったら、はぎ合わせだった。なるほどね!

5号で編んだらリアルな温州みかんの大きさになった。お手玉にしてもいいかもしれん。

2014-03-26

2014-03-21

またテディベア編めたよ

The Knitted Teddy Bear 」の Bertie & Bruce を元に編んでみた。

前回編んだクマと比べると頭身低くて丸顔。
耳に厚みがある。
手足はジョイントで付けた。お座りさせる前提で付けたけど、脚の位置上過ぎたかも。初めて使うので付け方検索したよ……。
お尻にペレットも入れてみたけど量控え目すぎた気がする。
何もかもが手探り。


覚書き
  • 棒針使用 本体4号 服1号2号
  • 仕上がりサイズ 20cm 座った状態 14.5cm

2014-03-19

ねんがんの

編むのが楽しみ
噂の「暮しの手帖別冊 こころとからだのあたため読本 2013年 01月号」を手に入れた。
靴下編む人間なら猪谷さんの靴下にいつかたどり着くとかなんとか。
ようやく今になって本を取り寄せることにした経緯は話せば長くなるから話さない。

一見ややこしいけど、靴下編み経験者なら編めそう。特に『自分しか解読できない編み物メモ』を書いたことがあれば理解できると思う。
サイズ表を見て自分の好みの大きさに仕上げたり、文章で説明する編み方は英文パターンに近い。

正直このパターンのためだけに買ったけど、他の内容も面白い。特に背守りの記事は興味深かった。

2014-03-16

またテディベアを編む

地味な服
再び「 The Knitted Teddy Bear 」を参考にクマを編む。

試しに買ったハマナカのピッコロ使ってみた。
アクリル糸特有のキシキシする感じが、どうにも触ってて楽しくない。柔らかいけど、ウールとは違う。
光沢があるので、これはこれで使いどころによっては面白くなりそう。

本体編めたら着せる服を編む。
こちらはコロポックルOpal で適当に編んでみた。
ショートピッチの段染め糸はお人形サイズに向いているな!

鉗子を買う

ちょっとした拷問器具に思えなくもない
ハマナカ 鉗子を購入。

鉗子って医療器具のアレぐらいしか知らんから、初めて手芸用品売場で見かけた時は「何にどうやって使うんだろ……」と謎だった。
使い方を調べて納得。

最初の棒針編みテディベア作った時に、袋状に縫った手足を裏返すの難しいなって思ったんだよ!正にそのための道具。用途限られるけど便利!ドイツ製らしい。何や知らんけどすごい!

非常に美しい流線型だけれども、可動部分の端に引っかかりを感じることもあるので引き抜く時は慎重に。

2014-03-03

針など買う

スパイラル + スラブヤーン
以前テディベアを作った時に、手足を付けるのに長い針の必要性を感じたのでぬいぐるみ針セットを購入。
ついでにペレットジョイントなども。

手芸用品の売り場をウロウロしていたら特殊針セットを見つけて、「あーこのカーブ針ってのも使えそうだなー」と思ったけど今回は見送った。

画像は今編んでるセーターの編み地。
頂き物の糸だけど、うねうねモコモコで何をどう編めばいいかわからずに、結局数年寝かせてしまった。ただのメリヤス編みなのに、目が不規則なので何か不安になる。几帳面か。ファンシーヤーンの扱いに慣れてない。
もう後ろ身頃は編めたので、一気に仕上げて次の何かを編みたい。